1. HOME
  2. 会社案内
  3. 経営理念

COMPANY

会社案内

経営理念

経営理念

みんなが、

  • 家計=お金 の知識を高め、
  • ライフプランを作ることで・・・
  • 日々の不安や不満が解消され、
  • 自分らしく 安心した生活が送れる

ような 社会 を 目指す。

FP20訓 ~FPとして・・・ 先人の教え

心は形を求め、形は心を進める…

  1. チャンスは全て変化からうまれる。
  2. 経験や、過去を進化させる力を持とう。
  3. 顧客志向の原点は、「心は形を求め、形は心を進める」から全てが始まる。
  4. 人脈には「有効賞味期限」と「有効使用期限」がある。
  5. FPの真の商品は、常に「手作りの安心システム」なり。
  6. FPの商品とは、「おくさま安心保険」でもある。
  7. 目線は絶えずお客様の価値観と心の歩幅に合わせること。
  8. お客様の「わがまま」を丁寧に整理、集約し分析すれば、それは立派な「ニーズ」に変わる。
  9. 経験は、進化しなければ、ただの時間と、経費を浪費したに過ぎない。賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶと言う、残念ながら日本のFP業界は未だ歴史が浅いが、私達が通った後には道が出来る。
  10. 贅沢は禁物だが、贅沢のメニューと心は、知り置くこと。
  11. 遺言アドバイスは、配分の仕方よりも、配分の心を大切にする。
  12. FP商品を分かりやすく売りやすくするためには、内容、料金を「パッケージ化」するがよい。
  13. FPビジネスはサービス産業では無く、金融機関と同じストック産業である。
  14. お客様に信頼されるためには「気配り」と「心配り」が必要。
  15. 自分が進化しなければ、顧客層を変えることは出来ない。
  16. 「適正な料金」の物差しはFPではなくお客様が持っておられる。
  17. FPの基本的思想と業務とは、「マネー」と「健康」と「時間」をポートフォリオする事でもある。
  18. 信頼関係構築に欠かせない課題は、お客様が、今まで一番大切にされて来た「こと」と、今も大切にされている「もの」を知る事から始まる。
  19. 美しい敬語と、日本語は、真の教養と人格の「バロメーター」でもある。
  20. ハイレベルなFPビジネスを進めるには、卓越した「バックオッフィサー」が必要。
「FP20訓」は、故田中英之先生から、弊社立ち上げ時に頂いた言葉です。
  • 故田中英之先生とご遺族から 弊社代表:佐藤益弘に管理を依頼されております。
  • 無断使用は禁止とさせて頂きます。
  • 利用したい場合は、弊社にお問い合わせください。

シンFP訓 ~先人と育んだ言葉 【一部】

知識は、実践するまで 価値がない・・・

  • FPは ライフプランニングのプロ であり、クライアント・ファーストである。
  • FPのシコウは、①損得・損益という「縦」、②時間という「横」、そして、③人の気持ちという「奥行き」の3つの軸を使う。
  • FPは、決して 知識や理論(ロジック)を駆使することを前提とした専門家になってはいけない。 必要な知識や理論(ロジック)は時代と共に変化し、「知識は、実践するまで 価値がない(アントン・チェーホフの言葉)」からだ。
  • 始動するためには、失敗できる 知力・体力・脳(能)力 を持つことが必要。
  • 成長するためには、行動しながら”すべき”失敗 ができることが大切である。
  • 向上するためには、お客さまから期待される役割が必要。たとえ、自分が望まない役割でも、自分にとって必要な要素を見つけられることがカギ。
  • 継続していくためには、良い仕入れ、良い仕込み、良い仕出しができること。
  • 評価」は、その人が何を語っているか? ではなく、「どんな行動をしているか?していたか?」 でなされる。 だから、”わかりやすい実績を作る”ことが大切。
  • 信用」は 仕事の内容や事務所、保有資格などで ”形として見えてしまう” 。 「信頼」は見えないが、継続された実績などで積み上げられ ”形になっていく” 。
「シンFP訓」は、故田中英之先生と弊社代表:佐藤益弘が共に考えた言葉です。
  • 故田中英之先生とご遺族から 弊社代表:佐藤益弘に管理を依頼されております。
  • 無断使用は禁止とさせて頂きます。
  • 利用したい場合は、弊社にお問い合わせください。

SDGsに関する取り組み

私たち 株式会社優益FPオフィス は、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための 2030アジェンダ」において記載された 17の目標 と 169のターゲットからなる 2030年までの国際目標です。
弊社では、弊社の経営理念に基づき、以下の 4つの目標について、SDGs達成に向けて取り組んでまいります。

1.貧困をなくそう

あらゆる場所あらゆる形態の貧困を終わらせる

4.質の高い教育をみんなに

すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

11.住み続けられるまちづくりを

包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する

12.つくる責任つかう責任

持続可能な消費生産形態を確保する

取り組み例(2021年7月現在)
  • 京王百貨店くらしサプリ CFP®&AFPによる個別無料相談会、東京都主催シニアお仕事フェア FPによるお金の相談、日本FP協会主催無料相談会、などへの相談員の派遣
  • COOP共済連 くらしの見直し講演会、日本FP協会主催FPフォーラムなど 公益的なイベントへの講師の派遣
  • 日本学生支援機構認定スカラシップ・アドバイザー(令和元年10月認定) や 産業能率大学自由が丘産能短期大学 ファイナンシャルプランナー(FP)コースなど 金融経済教育への参画
  • 川崎市まちづくり局住宅制作部住宅整備課 「すまい・いかす PROJECT」など 行政が行う 空き家対策 や 省エネ対策 への参画