1. HOME
  2. ブログ
  3. スポットコラム
  4. チャンスをつかむために必要な ライフプラン!

BLOG

ブログ

スポットコラム

チャンスをつかむために必要な ライフプラン!

みなさんは、「千載一遇のチャンス」と感じたこと~「これはチャンスだ!」と思えたことがありましたか?

その時は一生懸命行動していてそう思えなくとも、後から考えると「あれが?!」と思えること……があると思います。

ただ、うまくそのチャンスを掴めたかどうかはともかく、普通は“後から”気付くことが多いんですよね。もし、掴み損ねた場合、次のチャンスを待つべきかどうかも悩みますよね?

そこで、今回のコラムでは、この「千載一遇のチャンス」が一生に何回ぐらいあるのか? 具体的に検証しながら、「なぜ、ライフプランが必要なのか?」考えていきたいと思います。

最初に結論を申し上げますが、自分自身の「ライフプラン」を持っていなければ、「千載一遇のチャンス」は掴めません。

よく「千載一遇のチャンス」と言うが・・・

そもそも「千載一遇のチャンス」の意味ですが……「滅多に訪れそうもないよいタイミング」や「二度と訪れないかもしれないと思えるほど恵まれた状態」のことをいうようです。ある意味、その人の持っている認識や感覚の話なのかもしれません。

つまり、正確にどういう時が「千載一遇のチャンス」なのか?は、その人その人によって違うということなのでしょうね。逆説的にいうと、「どういう状況が千載一遇のチャンスなのか?」具体的に思い描いていないと認識すらしていない~できないということでしょう。

だから、“後から”ハッと気付くわけです。

人の一生って、どれくらいあるの? ~本当のお金持ちとは?

一般的には、「千載一遇のチャンス」のことを、「1,000年に1度、偶然訪れるくらいの好機」つまり、「一生に1度あるかないかの好機」と捉えている方が多いようです。

ただ、実はそうは問屋が卸さないのです。

まず、人の一生を計算してみましょう。

例えば、90才まで長生きするとして・・・

  • 何日間、生きることが出来ますか? → 32,850日(=90年×365日)=約3万日
  • 何時間、生きることが出来ますか? → 788,400時間(=日×24時間)=約80万時間
  • 何分間、生きることが出来ますか? → 4,704,000分(時間×60分)=約4,700万分
  • 何秒間、生きることが出来ますか? → 2,838,240,000秒(=分×60秒)=約28億秒

どういう心証を持たれますか? 人の一生は、大体30,000日程度です。

この数字を多いと思うか? 少ないと思うか?

私が確認しているのは、生きることができますか? ということです。

つまり、実働でどれくらいの時間を使えるでしょうか?

寝る時間、食事をする時間、勤務している時間……健康的に自分自身で使える時間を考えてみると、意外と少ないかもしれません。

本当のお金持ちは、効率的にお金を使えた人(使える人)

FPというお仕事をしていると、「本当のお金持ちは、効率的にお金を使えた人(使える人)」だと思い知ります。

つまり、①時間単価を上げて稼ぐ成金タイプの人は、お金だけでなく貴重な時間も派手に使ってしまうのですが、②本当のお金持ちは、例えば、先祖代々の資産価値を守りながら、効率的に使い、時間単価を下げて人生をエンジョイしている方です。

「千載一遇のチャンス」とは?

では、今回のコラムの本題~ 「千載一遇のチャンス」が一生に何回ぐらいあるのか? を考えてみましょう。

実は、この「千載」の「載」というのは、数字の単位です!

一(1)、十(10)、百(10の2乗)、千10の3乗)、万(10の4乗)、億(10の8乗)、兆(10の12乗)・・・無量大数(10の68乗)と同じ数字の単位なのです!

1載は、何と「10の44乗」ですから、1000載(千載)は「10の47乗」ということになります。

実際に書くと、こんな感じです。

1000載=100,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000

つまり、もうおわかりですね。

千載一遇 =千載分の一 は……

1/100,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000

となります。

では、一生に何回あるでしょう?

先ほどの試算では、人の一生は約28億秒(=90年×365日×24時間×60分×60秒):10の9乗の単位ですから……勝手に、黙って、巡ってくるモノではないと言うことです。

自分自身で掴んで行かないといけない部類のモノということです。

だって、数値的には10の38乗(10の47乗-10の9乗)という途方もない差があり、一生で1回も巡りあえないわけですから(泣)。

「千載一遇のチャンス」に巡りあうコツは?

「幸運の女神は禿(は)げている」と言われます。

これは、先回りをしていないと幸運(チャンス)は逃げていってしまう=後ろから追いかけても捕まえられないよ!という意味の格言です。

不思議ですが……人によっては、千載一遇のチャンスが何度も訪れる方もいらっしゃいます。

最初にお伝えしたように、千載一遇のチャンスも、“将来予測”をして、“事前準備”をしておかないと捕まえられないということです。

先行きの見えづらい世の中で、自分自身が何年後にどのような状況になっているか?を予測する将来設計~「ライフプラン」を事前に持っていないと、納得した決断もしづらいでしょうし、

そもそもどういうモノが「千載一遇のチャンス」なのか?イメージすらできないでしょう?

 

そう言う意味からも・・・商品提供を前提にするFP資格保有者ではなく、先ず「ライフプラン」を作成しサポートする シンの意味のFP に相談されることをお勧めします。

自分自身の「ライフプラン」、是非、作ってみて下さい!

以上

株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

  • この記事は、Yahoo!Japanファイナンス マネー連載コラム「3分で分かる!イマドキのカードとお金」(2010年4月~2014年6月)/マイアドバイザー®にて掲載されたコラムを、2021年5月31日時点のデータを基にリライトしています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事