1. HOME
  2. ブログ
  3. スポットコラム
  4. そもそも FP(ファイナンシャルプランナー)って、何?

BLOG

ブログ

スポットコラム

そもそも FP(ファイナンシャルプランナー)って、何?

みなさんは、ファイナンシャル・プランナー(以下、FP)をご存じでしょうか?

様々な媒体で情報提供をしている方も多く、既に20万人超も資格者(日本FP協会正会員)がいるので、資格として名前ぐらいは聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、どんな業務~役割を果たしているのか? までは正確に知られていないでしょう。

事実、業務範囲が多岐に渡っていますから、みなさんがFPと接した時も、対応したFPがどんな仕事をしているか?で印象付けられてしまいます。実際に、生命保険や損害保険を扱っている方が多いので、保険を扱い人という印象が多いでしょう。ただ、人である以上、得意不得意があり、対応分野に偏りもあるため、結局の所、「何をしているのか?良くわかない」ということになっているケースが多いと思います。

大切なお金に関する相談やサポートは信頼をしていない人でないと頼めないでしょうから、必然的に怪しい人には頼めません。結局、「食えない資格=仕事ができない」の代名詞のように言われる節もあります(苦笑)。

今回と次回のコラムで、少しでも“実務家”FPのことを知って頂けるよう、コラムに認(したた)めたいと思います。

 FPの定義と役割

日本FP協会によると「FPとは、資産設計などファイナンシャル・プランニングを作成する専門家」で、「個人の夢や目標に基づくライフプランを前提に、その実現のために様々な領域に渡る包括的なアプローチによって、必要なファイナンシャル・プランニングを行うのが特徴」であると伝えています。

つまり、FPは、執筆や講演など情報提供のみを行う経済評論家ではなく、また、ファイナンシャル・プランニングというテクニックを用いて金融商品販売する人でもないということです。

実務家FPは、お客さまの隣にいて、「必要な情報収集」を行い、共に「考え」、「効率の良い作業」を行う“知的代行業務”をメインに活動していると言えます。 ただ、このタイプのFPは、資格取得以上の一定の能力と資質、人脈、体制などが必要なので、非常に少ないのが実情です。

FP(ファイナンシャルプランナー)って、なぁに? 【日本FP協会:動画】

※当動画の著作権は日本FP協会に帰属します。

・知っておきたい分類方法!

実行サポートを想定した場合、現状、FPは銀行や保険会社など金融商品販売業者、お客様との関係により、3つタイプに分類できます。

つまり、通常、お客さまとその取引の相手側(例:金融商品販売業者など)との関係は、情報や知識の質&量の関係から、お客さまが不利な状況になっています。

FPは、実務上、この状況が対等になるように活動していると言えます。天秤を用いて、表現すると以下のようになります。

この天秤を対等にする方法は、個々のFPの活動内容により大きく異なっています

 実務家FPは、意思決定のお手伝いをする!

タイプ1)セミナーや情報提供&相談・実行支援という本来のFP業務を行っているFPです。

かなり人数は少ないのですが、販売サイドと役割が分かれているため、唯一、お客さま側に立ち、顧客志向で活動できる教科書通りの「実務家FP」です。

実行支援を前提に活動しているので、有料相談を基本に活動しています。また、業務特性上、他の専門家とネットワークを組んでいます。

 

商品提供~問題解決のお手伝いをするFP

タイプ2)銀行や保険会社に所属しているので、その企業の利益のために活動しています。

商品拡販~コンサルティング営業を前提に活動しているので、無料相談を基本に活動しています。

提供内容や対応は、自社の販売商品の範囲内~限定的なものとなります。

タイプ3)大多数の“独立系”FPがこのタイプになります。

保険販売の手数料などコミッションを主な収入源にしているので、自分自身が取り扱っている商品拡販が宿命になります。通常、複数の商品をラインナップしているので、提案内容はタイプ2より汎用性が高いです。

公正中立かどうか?は、所属する会社や個々のFP自身のスタンス~活動内容・売上構成により判別できるでしょう。

どのタイプのFPとお付き合いいただいても、お客さま自身の目的が満たされればOKです。

例えば、「どうして良いのか?わからない」と根本的な問題であれば、意思決定のサポートを行うタイプ1のFPに頼るべきでしょうし、「具体的にどの商品を選んで良いのか?わからない」という具体的な選択をすると言う段階であれば、ソリューション提供を行うタイプ2か3のFPに頼るべきでしょう。

例えば、退職金の使い道をどうしたら良いか?という問いに対しては、費用はかかりますが、あらゆる選択肢を提供できるタイプ1のFPを選ぶべきでしょう。一方、退職金で投資をしたいなどある程度の考えや手段が決まっている場合は、タイプ2や3のFPに相談した方が無料で相談できるので良いと思います。

いずれにしろ、FPにもいろいろな立場や役割を担っている人がいますし、得手不得手もあります。

ですから、FPに相談を依頼する際、依頼するFP選択を間違えると、期待しているような成果は得られなくなります。難しいとは思いますが、資産運用と同じで、メインとなるFPと決め、複数のFPを使い分けられると良いでしょう。

ある意味、FPは未来予測するお仕事ですから、提案やサポートをミスすることもあります。

FP(CFP®/AFP)には「顧客利益第一」「誠実性の原則」という決まりがあり(日本FP協会「会員倫理規程」)、厳守されています。

ですから、問題が発生した際に関係者への報告や謝罪など“誠実に”対応することが求められるのですが、訴訟などトラブルになっている多くのケースでは、顧客利益を第一に考え行動すること や 誠実性が欠如していることが多いように感じます。

どのようなFPなのか?不安で確認したい方は、是非、そのFP自身や所属会社名(過去も含む)を検索して、実績などを見てみましょう!

知らないのは・・・あなただけかもしれません(笑)。

 

以上

  • この記事は、Yahoo!Japanファイナンス マネー連載コラム「3分で分かる!イマドキのカードとお金」(2010年4月~2014年6月)/マイアドバイザー®にて掲載されたコラムを、2021年5月31日時点のデータを基にリライトしています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事